教えて!香典のアレコレ

香典のオンライン決済の情報が満載!

香典の相場:親族の場合

香典の相場:親族の場合 葬儀で遺族に渡す香典の相場は故人との関係性によって違ってきます。
基本的に親族は高めとなり、一番親しい両親が亡くなったケースは6万円程、兄弟姉妹なら4万円程、祖父母、叔父叔母は15000円程、それ以外の親族は13000円程です。
ですが香典の金額はあくまで目安に過ぎず、故人と親しい付き合いがあった場合は多めに包む人が多いと言えます。
その他にも世代や地域によっても違ってくるので、事前に葬儀を行う地域の相場を確認してみて下さい。
平均額は中部地方が他に地域より高めで、逆に四国は低めとなっています。
ちなみに世代に関しては年齢が高くなるにつれて、平均額もアップするので、収入に合わせて無理のない範囲内で包むことがポイントです。
ただあまり他との差が大きすぎるとマナー違反になってしまうので気を付けましょう。
あと偶数は割り切れるので、縁が切れると弔事では避けた方がいいと言われていますし、9万は苦をイメージに繋がるのでNGです。

会社関連の故人に対して包む香典の相場とは

会社関連の故人に対して包む香典の相場とは 故人が会社関係の人だった場合、香典をいくらにすれば良いのか分からないという人もいるかもしれません。
そこで金額の相場をチェックしておくと良いでしょう。
故人が職場の同僚だった場合、3000円~10000万円程度が一般的な金額です。
親しい人なら多めに包んでも良いですが、他の同僚と同じくらいにするということも大切です。
故人が部下だった場合も3000~10000万円という金額が一般的です。
この場合は社長と一緒に同僚の代表として香典を出すことがありますが、社長より多く包まないことがポイントです。
故人が上司の場合、5000~10000万円程度にすることが多いです。
直属の上司なのか、どれくらいお世話になったのかという観点でも金額は変わってきます。
故人が社長だった場合、5000~10000万円程度包みましょう。
社員が少ない会社なら個人で香典を用意することもあるかもしれません。
しかし、ある程度の規模なら、まとめて香典を出すというのが一般的です。

-->